HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板
で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ




アイジー工業株式会社;スーパーガルテクト(新日鐵住金のSGL使用)

 スーパーガルバリウム鋼板を売り出したのは、アイジー工業が早かった。ニチハは二番目
 アイジー工業は、2016年(平成28年)の3月に新しいメッキ鋼鈑を使った屋根材を発売しました。商品名は、スーパーガルテクト、フッ素塗装を施したグレードのものは、色褪せ、赤錆保証 20年、穴が空く保証は25年という今までのガルバリウム鋼板屋根材より、長期間の保証がある活気的な屋根材です。
 この屋根材は、日鉄住金鋼板が開発した、SGL(スーパガルバリウム鋼板)を使い、日鉄住金鋼板がメッキ、塗装も施した材料を屋根材に加工した製品です。保証内容も日鉄住金鋼板のSGL鋼鈑の性能・保証によります。同じ材料を使って屋根材を作っている、ニチハ株式会社とは、ライバル会社で、ニチハも2016年夏に全く同じSGLを使った製品を発表しています。(ニチハのページ参照) 
 日鉄住金鋼板のSGLですが、「GL」は、ガルバリウム鋼板の意味、「S」は、「Super」「Special」「Superior」の意味だそうです(日鉄住金鋼板カタログから)。 お助け隊では、スーパーガルバリウム鋼板と言うことにします。別に登録商標ではありません。(2017年3月)
※ スーパーガルテクトは、アイジー工業の商品名。SGLは日鉄住金鋼板の商品名、GL:ガルバリウム鋼板の略名、あるメディアでは、SGLをスーパー鋼鈑と言っていました。スーパーガルバリウム鋼板は、お助け隊が勝手に言っている鋼鈑の名前。SGLはメッキの組成がガルバリウム鋼板とは違うので、既にガルバリウム鋼板ではありません。ややこしいですが、SGLの「GL」は、ガルバリウム鋼板の意味で使われています。

 スーパーガルテクトの特徴:(アイジー工業のスーパーガルバリウム鋼板)
 ●ガルバリウム鋼板と同じ超軽量や屋根材です
 ●ガルバリウム鋼板より寿命・耐用年数が長い;
    ・穴空保証;25年(スーパーガルテクトフッ素)
    ・塗装の変色、錆びの保証; 
      最高20年; スーパーガルテクトフッ素;20年、スーパーガルテクト:15年
    ・スーパーガルテクトフッ素、スーパーガルテクトとも遮熱塗装を施しています
    ・堅牢、丈夫※
  ※堅牢?
カタログに書いてありますが、何のことを言っているかと言うと、この製品は断熱材にポリイソシアヌレートフォームを使っていますが、それをアルミライナー紙で覆っていますので断熱材がない他社の製品より、がっちりしています。これを言っていて、ガルバリウム鋼板のような金属板だけの屋根材ではないと言っています。・・・確かに断熱があって裏側をアルミなどで、覆うとしっかりしたものになります。ガルバリウム鋼板だけの屋根材は、ペラペラで、安っぽいです。

 スーパーガルテクトについて

   スーパーガルテクト(スーパーガルバリウム鋼板)は、日鉄住金鋼板のSGLを使っていると言いました。
では、このSGLが、旧ガルバリウム鋼板とどう違うのか?を少しお知らせたします。
   ガルバリウム鋼板は、鋼鈑に亜鉛、アルミニウム、シリコンのメッキを施し、耐用年数は25年(保証ではありません)以上と開発元のベツレヘムスチールが言っています。日鉄住金鋼板は、このガルバリウム鋼板の性能を超えるべく、開発に頑張って、ついにガルバリウム鋼板を超える耐用年数を実現した製品を完成させました。それが、SGL(スーパーガルバリウム鋼板)です。
  メッキ層には、亜鉛、アルミニウム、マグネシウムを使いガルバリウム鋼板より錆びにく、スーパーガルテクト、ニチハの横暖ルーフの耐用年数は、25年が穴あき保証が25年ですので、それより耐用年数は長いと思われます。(はっきりとカタログ、サイトに耐用年数の記述はありません)ただ今までのガルバリウム鋼板の保証が、赤錆の保証は 15年でしたので、保証の設定を見てくださいとうことなのかもしれません。
   何しろ開発元の日鉄住金鋼板が、SGLの耐用年数を発表していないので、アイジー工業としても言及できないと考えます。普通、常識には、保証より耐用年数が長いのは、当たり前ですので、このスーパーガルテクトの耐用年数は、少なくとも30年以上あると思っています。

●本当に屋根の温度が下がると部屋の温度も下がるのか?そこは言っていません

   ガルバリウム鋼板の屋根材メーカーは、断熱材とか遮熱塗装について、いろいろな温度変化のデータを出していますが、そのデータを良く見たり、考えてください。どの条件で測定したのか?断熱については、屋根の温度はどうでも良くて、部屋の温度はどのくらいか?が重要です。夏はエアコンの電力消費量とか、冬は暖房費用がどのくらい節約になるか?です。 上記のイラストは、屋根の表面の温度のことを言っていて、部屋の温度については、何も言っていません。
   このデータは、屋根表面での温度データであって、部屋の中の温度ではないことです。あたかも屋根の表面の温度が低くなれば、部屋の中も涼しくなるであろう?という思い込みを利用しています。実際にそうなるかは、分かりませんし、もし、実際に施工したお客様が、部屋でも温度が低くならなくて、メーカーにクレームをつけたら、メーカーは何と言うかは、既に分かっていて;
   こう言うでしょう; 「あのデータは、実験でのある条件下のデータであって、お客様の家の条件とは違います。また、このデータは、屋根の表面温度のことを言っているだけであって、お客様の建てた家の部屋の中の温度は、保証していません」 ・・・ これが会社のクレーム処理や営業の言い分です。もう分かっています。全ての施工例で、こんなクレームについて、一つ一つ保証したら、会社は間違いなく倒産です。
   ですから、屋根材での断熱は、あくまでも屋根の表面での温度、それもある条件下でのデータであることを肝にめいじることです。決して、屋根の表面温度が10度低くなっても、部屋の中の温度が同じように、または劇的に下がるとは、限らない、他の断熱材料の施工をやってましになるぐらいのことが正しいのではと思います。断熱については、また紙面を改めて書きたいと思います。

 アイジー工業株式会社という会社について

 設立は、山梨県で1970年に設立されています。事業は主に2つで、屋根材事業とと外壁事業です。いずれもガルバリウム鋼板をベースに屋根材とか外壁材料として加工して、ハウスメーカーをはじめとした、建築各社に販売するメーカーです。売上は、2016年3月期で、161億円、ライバルはいろいろありますが、スーパーガルバリウム鋼板での屋根材を使っているニチハ株式会社が最大、最強のライバルと思います。事業内容も似ていて、ニチハも外壁材の開発、生産、販売を手がけています。屋根材は、金属のみですが、外壁材は、金属、窯業系のものも扱っています。因みにニチハの売上は、2016年3月期で、約1,100億円です。(事業内容は少し違います)

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved