HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
ブログ




JFE鋼板株式会社のガルバリウム屋根材製品

   はてなブックマークに追加  
JFE鋼板株式会社; 
株主:JFEスチール株式会社、JFEグループの会社で、鋼板事業、建材事業を行っています。 また全国の屋根材メーカーに素材としての薄型鋼板(ガルバリウム鋼板を含む)を供給しています。 

住宅用屋根材として加工した製品品目

  ・フレーゲル: 素材:F20エコガル、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、横葺型、波型屋根材
・立平葺: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、縦葺、フラット屋根材
・立平333: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、縦葺、フラット屋根材
・横葺: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、横葺タイプ
・優雅やね: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、横葺タイプ
・K太くん: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、瓦調;横葺タイプ
・シングル: 素材:F20GL(ガルバリウム)、フッ素樹脂塗装、材料保証20年、横葺タイプ
・ロック50: 素材:カラーGL(ガルバリウム)、ポリエステル塗装、材料保証10年、縦葺タイプ
・ロック75: 素材:カラーGL(ガルバリウム)、ポリエステル塗装、材料保証10年、縦葺;折板屋根材
・ルーフ86: 素材:カラーGL(ガルバリウム)、ポリエステル塗装、材料保証10年、縦葺;折板屋根材
   ※ F20GL:フッ素塗装で、保証が20年、GL:ガルバリウム鋼板の材料を使っていると言う意味
 ※ エコガル: JFEの独自高耐候性メッキ鋼板
 ※ カラーGL: ポリエステル塗装のガルバリウム鋼板; 10年保証製品
   ●一般木造住宅に良く使われる屋根材:
 フレーゲル、K太くん、立平333、横葺、優雅やね、シングル、立平葺
 

 ●大型建築物;学校、体育館、商業施設、工場、店舗などに主に使われる屋根材
 ロック50、ロック75、ロック86
 JFE鋼板株式会社が、販売している屋根材は、詳しくはJFE鋼板の
・HP(http://www.jfe-kouhan.co.jp)を参照してもらいたいのですが、屋根葺き替えのお客様にとっては少し分かり難いので、解説をいたします。 このHPは一般の屋根工事でJFEの屋根材を選びたいと言うお客様ならそのカタログページ(http://www.jfe-kouhan.co.jp/products/catalog.html#house_roof)からカタログをダウンロードしてもらえば良いのですが、デザイン、保証年数、素材は何を使って、横葺、縦葺、竪ハゼ???など、専門用語で分からないところがあると思います。 その解説です。

横葺、縦葺って? 縦ハゼって?どこがどのように違うのか?

 カタログの写真を見れば各材料のデザインがわかりますが、果たして自分の家に合うものなのか?施工が可能なのか?素材は何で、違い、保証、耐用年数などカタログでは書いてあるのですが、良く分からないこともあります。 まず、ガルバリウム鋼板屋根の施工には、大きく2つあって、材料のデザインはいろいろありますが、材料の形式、施工のやり方には、縦葺と横葺があります。

●横葺形式の材料(横葺屋根材)
 横葺の材料は、上図のように、屋根材が横方向に長く、屋根に対して横方向に施工します。それを重ねて屋根全体に施工する形式で、横方向に屋根材が並びます。 この形式は屋根の傾斜、勾配が2.5寸程度までの勾配まで施工ができて、それ以下の緩い勾配には、適していません。 それより緩い勾配の場合は、雨が上手く下りて来ないので(雨仕舞が悪いと言います)途中に滞留し、長期的に(5年、10年・・・)は、屋根にとって良くありません。 屋根材メーカーも許可しません(メーカー保証が下りません)。

●縦葺形式の材料(縦葺屋根材)
 昔は、トタン屋根が縦葺屋根の代表でした。トタンは単なる材料の種類ですが、正式な形式名は、瓦棒葺と言って材料が縦に長いものを施工する方法です。 これを縦葺と言っています。 瓦棒=縦葺形式です。
上の写真は、JFEの縦葺屋根材の一つ、立平333という材料です。 棟からは1枚の材料でつなぎ目がなく、上から雨が流れるときに雨が溜まることがなく、一直線に軒先まで流れます。 非常に雨仕舞が良く、横葺より緩い屋根であっても施工が可能です。 概観的には瓦棒形式と良く似ています。 横葺とデザイン的に好き嫌いが分かれますが、縦葺の最大の特徴は、雨が流れる方向につなぎ目が無く、緩勾配でも施工が可能ということです。 また比較的価格が低いので、大型の建築物(体育館、商業施設、工場)などに多く使われます。
●縦葺形式ですが、台形の形に加工された屋根材です(折板屋根材)
 縦葺きの材料ですが、通常の縦葺きとはまた違って材料が台形に加工されたものを、縦方向に施工する屋根材もあり、これは住宅というよりは、一般に工場や商業施設等大型の建物に良く使われる屋根材です。 あとアパートでも、屋根が平たいものにも良く使われます。 折板屋根材と言います。 一般木造住宅にはあまり使われません。 板厚が厚く重い材料です。  ・ロック50、・ロック75、・ルーフ86がこれにあたります。 

 JFE鋼板株式会社という会社

 JFE鋼板は、JFEスチールのグループ会社で、薄型の鋼板を得意とした会社です。 ガルバリウム鋼板などの亜鉛メッキ、カラー鋼板を製造・販売している、鋼材、屋根材メーカーですが、リフォーム用に問屋に加工した屋根材を卸していますが、屋根材のメーカーにも直接ガルバリウム鋼板、カラー鋼板を販売しています。 JFE鋼板は、鋼板メーカーでありかつ屋根材メーカーでもあるのです。 屋根材の供給者であると同時に屋根材メーカーの競合会社でもあります。(競合する製品も出しています)

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved