HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板
で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ



ヒランビー(稲垣商事の横葺きガルバリウム鋼板)施工例

 続きの貸家の屋根を雨漏りの為一部葺き替え、こういうやり方もあります

●東京墨田区:
築35年、セメント瓦葺き、劣化の為雨漏りがあって、アパートなのでクレームがあった箇所だけガルバリウム鋼板(稲垣商事のヒランビー)へ葺き替え工事例:屋根の一部葺き替え
一部ガルバリウム鋼板へ葺き替え、完成写真
セメント瓦(手前)は、多分35年以上のものと推察されます。下の写真のように劣化

工事前:セメント瓦屋根の全景

工事中:セメント瓦を撤去しているところ; 古いルーフィングが見えています
 お客様は、築35年と言っていますが、外壁の状態、屋根瓦の状態、家のデザインから35年以上経っているのでは?と思われます。私も下町の生まれですが、幼少期のころはこのようなデザインのアパート、民家が多く建っていました。もう50年近く前の話です。周りの家々は近代的な民家になってきていますが、まだまだ、古い建物は残っています。手入れ、リフォームをすれば十分に住めます。
 リフォームしない他の箇所は、セメント瓦が割れてしまって、既に耐用年数を過ぎてしまっています。
瓦を固定している釘は殆ど抜けるか、グヅグヅになって釘が効いていません。瓦の上を歩くと瓦がカタカタと音がします。瓦が浮いている証拠です。瓦の下は想像の通り防水材が破けていて、剥がれているという表現の方が分かりやすいかもしれませんが、すぐにでも雨漏りになってもおかしくありません。
 アパートになっているので、天井の状態は見えなかったのですが、気が付かない雨漏りが発生していると思われる程です。気づいた店子さんが大家さんにクレームを言ったので、その店子さんの上の部分だけ修理、葺き替えになりました。まだこのアパートを残すなら、全体を葺き替えた方が良いです。
 建て替えが良いのか?一部のリフォームが良いのか?難しい問題です。
このページのトップへ
 この例は、セメント瓦、普通の瓦屋根の30年〜40年後、屋根はどうなっているのか?の例として見て頂きたいです。雨漏り、つまり屋根の第一の機能である雨風から家を守ることの観点からすると、表面のセメント瓦も重要ですが、一番心配なのは、防水材・ルーフィングです。このルーフィングが実質に雨漏りを防いでくれていますので、ここのチェックが一番重要です。

 3枚の写真では、セメント瓦の割れがありました。
それも、10箇所以上です。瓦の上に登っても割れなかったので、これらは劣化による、割れだと思われます。瓦自身はしっかりしていて、ボロボロの状態ではありませんでした。しかし、桟木に打たれた釘は錆びて、殆ど固定されず、簡単に一枚一枚抜き取ることができました。

 セメント瓦を一枚剥がしたところです。桟木が見えていますが釘の頭が錆びで取れています
防水材だと思われるシート状のものが劣化してありますが、既に破れて防水の機能は失われています。また水が侵入した形跡ははっきりとあり、防水材の割れ目から雨水が入っていたと思われます。この防水材の下には、野地板があるのですが、すこし複雑な構成なので、雨が部屋まで侵入したかは確認できませんでした。でも非常にまずい状態であることは間違いないです。写真のような状態になったのは、昨日今日ではなく、かなり長い年月が経っているこはおわかりいただけると思います。
 おおきな雨漏りにならなかったのは、偶然なのか?この屋根の構造上の理由で大丈夫だったのか? 良くおおきな雨漏りもなく過ごしていると考えます。でも気付かない内部の腐食や、木材の劣化はあるかもしれません。

 セメント瓦に使われた釘です。表、裏から錆びた釘が、出ています。釘の錆びはそんなに激しくないですが。桟木からは簡単に取れてしまいました。釘の固定は、今全く効いていません。また全部の瓦ではないですが。一部、何枚あるかは不明ですが、簡単に瓦を引っ貼ると取れてしまうのは、釘が無くなっていることの証拠です。ですから、少し大きな地震でもあれば、かなりの数の瓦が大きくずれて、劣化したルーフィングがむき出しになったら、気付かないで放置されると、大変です。雨が直接敗れたルーフィングにかかるので、雨漏りは避けられないでしょう。それも大雨が降ればあっという間に部屋は水浸しになります。これは脅しでもなんでもなく、現実に起こりうることです。
 お客様の屋根でこんな解説をすると、怒られそうですが、この劣化を放置すると、正に”大変なことになる”とは、こういう状況を言います。このページをご覧になっている方で、同じ様な屋根だったら、もし少し大きな地震があって、縦揺れ、横揺れが相当に大きかったら、瓦のズレを確認して(勿論屋根に上るか、梯子から) ください。ルーフィングが防水機能を失ったままで、瓦がなくなると、確実に雨が入ってきます。応急処置は、ビニールシートも良いのですが、もし屋根に登れる方なら瓦を元の場所に戻すのが良いです。そしてあくまでも応急処置ですが、ホームセンターでシリコンのコーキング材を買ってきて、一時期でも瓦を固定してください。 ・・・※ このコーキングはあくまでも一時的な応急処置です

 施工したヒランビー:材料の裏に
JFEダルエース”とあるように、ガルバリウム鋼板自体は、稲垣商事の製品ではなく、JFEの板を使っていて、屋根材に加工(折ったり、曲げたり)を加えて販売しています。JFEの刻印があるということは、表面処理もJFEがやっていることがわかります。
表、裏の塗装、表面処理まで、JFEのダルエースです。稲垣商事は金属加工だけ?と思われます。

※ ”GL”とは「Galvalium」・ガルバリウム鋼板
   のこと

 ルーフィングの施工: ルーフィングは棟(頂上部分)も完全に覆います。ルーフィングの上にガルバリウム鋼板を軒先から棟へ施工します。下から上への順番です。棟から軒先へではありません。

 左の写真は、けらば部分の役物施工です。袖部(そでぶ)雨抑えとか、けらば役物、などと言います。
 瓦の施工では、袖瓦などと言っています。

 横葺きのガルバリウム鋼板を軒先から施工して、棟(屋根の頂上)まで施工した写真です。
 左の写真で緑に見えている部分がルーフィングです。棟の部分にもルーフィングがしっかりとありますので、この施工の場合は、棟板金が錆びようが、板金の釘が取れようが、ルーフィングさえしっかりしていれば雨漏りにはなりません。ルーフィングと棟板金の構造を知ってください。

 完成です。

このページのトップへ

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved