HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板
で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ



重い日本瓦を撤去して超軽量な瓦調ガルバリウム鋼板へ交換工事

 ●地震に備えて思い日本瓦を下ろして、ガルバリウム鋼板屋根へ(埼玉県北本市)

 地震に備えて日本瓦を軽量なガルバリウム鋼板へ葺き替える工事は、大変多いですが、日本瓦の風情を残して、屋根を軽量化するお客様も少なからずいらしゃいます。そんな要望に答えるのが、瓦調のガルバリウム鋼板になります。下の写真は、左が屋根の葺き替えをする前の屋根で、日本瓦です。
 右は瓦調のガルバリウム鋼板を施工した後の完成写真になります。
比較してみると、違いはわかりますが、右が金属瓦であることは、見た目にはわかりません。これを、地上から見上げると尚さらこれがガルバリウム鋼板、金属瓦であることは一般の方には、区別が付かないと思われます。勿論我々のような屋根関係者がみれば、瓦調のガルバリウム鋼板だということは当然わかります。しかしそれは瓦調のガルバリウム鋼板を見慣れているからで、初めてこの材料を見た方は、瓦との違いに気が付かないと思います。

瓦調・スーパーガルバリウム鋼板(メタル建材)

●築10年、日本瓦のお宅でしたが、ご主人とお母様が地震を心配して、より軽量なガルバリウム鋼板へ屋根を葺き替えたいとのご要望でした。既存の屋根は陶器の日本瓦、通常なら軽量な平型ガルバリウム鋼板横葺きタイプが良く出る製品なのですが、和風にこだわりたいとのことで、写真のような、瓦調のガルバリウム鋼板を施工しました。各写真は太陽光の角度によって銀黒のように見えますが色はブラックになります。
このページのトップへ
●また、和風のことですが、全体の写真が家の立地が少し狭く、和風が似合うかどうかの全体の写真が撮れませんでした。角度がありますが、いかがでしょうか?これは施主様の判断なので、意見はいろいろあろうかと思います。同じガルバリウム鋼板でも和風の家でも施工例は沢山例がありますので、お考えください。突き詰めるとデザインの問題、趣味の問題になります。ガルバリウム鋼板自体の性能は横葺きのガルバリウム鋼板とほぼ同じになります。性能についてはこの下に記述しました。

 ●葺き替えられた;瓦調ガルバリウム鋼板の性能

●メーカー:株式会社メタル建材(日鉄住金鋼板系関連会社)
●モデル名:メタルルーフ、ノーブルマット、ブラック:ちぢみ塗装
  ちぢみ塗装とは塗膜の面に凸凹をつくり太陽光の乱反射により紫外線による塗膜の劣化の速度を
  遅くできます。遮熱塗装とは少し違う機能になります。
●ガルバリウム鋼板は日鉄住金鋼板のSGL(スーパーガルバリウム鋼板)
●保証: 穴あき保証:25年、塗膜保証10年
●耐用年数: 記載がありませんし、公表されていませんが、普通に考えると穴あき保証より
 長く、30〜35年以上はあると考えるのが妥当と考えます。
 (普通のガルバリウム鋼板は耐用年数は25年)

 ●メタルルーフの色・バリエーション  株式会社メタル建材

 ニクスカラータイプの基板は日鉄住金鋼板のSGLに順次変更、ガルバリウム鋼板への葺き替え用
 としての材料は、全てSGLに変更する予定です。(2017.5.30) このシリーズは、塗膜の保証はありま
 せんが、穴あき保証25年(雨漏りの原因に関係)です。使用基板は日鉄住金鋼板のSGLですが、
 表面処理は独自にいろいろ施しています。
●SGLにちぢみ塗装を施しています。ブラックの色仕様がここの施工例になっている製品になります
●ステンレスタイプは在庫が無くなり次第、販売中止です。売れないようです。価格が高い。
●ハイフッソタイプは、SGLのフッ素塗装、遮熱塗装の仕様です。
 穴あき保証:25年、赤錆保証:20年、塗膜保証20年。
●銅板タイプは、寺社、仏閣の要求があるようで、まだ続く製品になっています。
@@@@@

 ●ガルバリウム鋼板の穴あきと雨漏りとの関係

 例えば普通のガルバリウム鋼板は耐用年数25年、日鉄住金鋼板のSGL・スーパーガルバリウム鋼板の穴あき保証は25年ですが、穴あき保証とは、ガルバリウム鋼板に錆びて穴が空くまで、25年以上かかると言っています。耐用年数は通常保証年数より長くなることが常識であり、普通のことです。
 つまり、穴あき保証が25年なら、このSGLの耐用年数はそれ以上の30年〜35年程度と考えるのが通常のことになります。
 しかし、ガルバリウム鋼板に穴が空くと直ちに雨漏りになると考えるお客様が多いのですが、ガルバリウム鋼板に穴が空いてもすぐに雨漏りには、ならないこともあります。屋根葺き替えの際、新築の際にはガルバリウム鋼板の下にルーフィング(防水材)を施工しますが、このルーフィングが生きていればガルバリウム鋼板に穴が空いてそこから雨水が入り込んでもルーフィングが雨漏りを防いでくれます。つまりガルバリウム鋼板に穴ができても、ガルバリウム鋼板が錆びても直ちに雨漏りはしません。
 このサイトでは何回も言っています。雨漏りは、ルーフィングが防水機能を失って起こります。
このページのトップへ


ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved