HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板
で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ



セキスイ瓦U撤去してガルバリウム鋼板へ葺き替え

   はてなブックマークに追加 

 ● ガルバリウム施工例; 瓦Uを撤去後、横暖ルーフを施工

 セキスイは、平成25年(2013年)に屋根材の製造、輸入、販売事業から撤退、この一部の製品は、新東株式会社から販売されています。 下の参考を参照。
 瓦Uは、アスベストの問題から、この含有量を減らした製品を販売していましたが、10年程度で塗装の剥げ、剥がれ、材料の劣化などの問題があり、度々この屋根材からの葺き替え依頼がきます。 この案件も同様で、築34年なのですが、15年前にスレートから瓦Uへ交換しましたが、写真のような状況で塗装の剥がれは酷く、材料の劣化もかなり進んでいました。まだ雨漏りはありませんでしたが、葺き替えの時期が来てしまったようです。 セキスイの営業は、20年は大丈夫と言っていたそうです。 
 
 左;瓦Uを施工して15年、見た目塗装の劣化が激しい、その他割れや欠けもあり。
 右;ガルバリウム鋼板、横暖ルーフ/きわみでの葺き替え完成写真

 ●瓦Uの撤去;施工の様子、工程

 
家屋全体の様子と(まだシートなど養生をする前の写真)
瓦Uの撤去作業経年劣化のために、材料自体がもろくなっていました。瓦Uは、アスベストが禁止になるまえ
から、その有害性が分かっていましたので、含有するアスベストの量を減らして生産をしていました。 
しかし、アスベストを減らしたため耐用年数が短くなってしまいました。 (私の意見、見方です)

 ●瓦Uの撤去して古い下地材にします。施工の様子、工程

 
瓦U(石綿、アスベスト入りセメント瓦、その意味では、コロニアル、カラーベストと同じ成分)を撤去後
下地材にしたところ、この下地材は、まだ使えるので、掃除をしたところ。

 ●その上から新しいコンパネを施工、ルーフィングの施工です;施工の様子、工程

 
仕上げ材を撤去しましたので、ガルバリウム鋼板の薄さを鑑み、断熱及び、遮音の効果を
狙って新たなコンパネ(9mm)を施工します。コンパネ(下地際)を二重にします。
 ガルバリウム鋼板をスレートの上に重ね葺きをする場合は、断熱材、遮音材を施工することは稀で、今までの環境に不満(例えば夏暑い、雨音がうるさい)などがあれば、その対策を考察せねばなりませんが、その要求がなければ、現状(スレート葺き)よりは悪化しませんので、特に断熱材や遮音材を新たに施工する必要はありません。 この場合は瓦Uを撤去しましたので、ガルバリウム鋼板だけでは断熱、遮音が心配だった為に新たなコンパネを施工です。 あと旧コンパネの傷み具合にも心配がありましたので、見積段階でコンパネの施工をいれました。雨樋の高さにも配慮しての施工です。※

 ●横暖ルーフの施工;施工の様子、工程

 
 ●ニチハの横暖ルーフ/みわみの施工、棟部分の施工風景;
  元々横暖ルーフシリーズは、旧チューオーをいう会社の製品でした、チューオーを合併させたのが、株式会社ニチハになります。 ニチハは以前、スレートの屋根材事業から撤退していました。 横暖ルーフはガルバリウム鋼板屋根材として、信頼のあるブランドになっています。 特にリフォームでの施工率は抜群です。

 ●完成の写真;施工の様子、工程

 
●完成の写真になります

 ●完成の写真;施工の様子、工程2


 ●施工費用;請求書ベース(分かりやすいように書き直し)

 
この提携会社の横暖ルーフ/きわみの施工価格+材料費は、平米¥5,500と良い価格です。 
良心的な屋根屋さんです。 廃材費用もここは重量で計上していますが、スレートの場合で平米¥2,000程度なので、ここも安いです。 産業廃棄業者がきちんと処理しているか?ちょっと心配ですが、まあお客様の心配することではありませんが ・ ・ ・ 塗装業もやっている業者さんなので、自前で足場ができます。ですのでこの低価格になっています。 総じて低い価格になっています。

●参考;
 横暖ルーフ/きわみ; 赤錆保証;10年、塗膜保証;10年
 耐用年数; ガルバリウム鋼板の耐用年数は保証ではないが、25年以上と言われています 
※雨樋の高さ;
 屋根の葺き替え時にいろいろな材料を施工すると、時に屋根の高さが変ってしまい、雨が雨樋に綺麗に
 落ちない事態にも成り得ます。 雨樋の架替は結構な金額(20万円〜30万円)になりますので、これも
 考慮するべき項目です。(見積段階で考察します) 

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved