HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板
で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ



お薦め・契約の多いガルバリウム鋼板屋根材ランキング

どの屋根材が人気なのか? 良く施工されているのか?

 ガルバリウム鋼板の屋根材を製造している会社は、十数社ありますが、そのうちお助け隊の提携会社が良く契約を頂ける製品、をランキングにしてみました。 
 ●2017年最新:
 2016年は、ガルバリウム鋼板の新製品:スーパーガルバリウム鋼板が出てきた年でした。また石粒付鋼板の金属鋼板も売れ行き上昇です。これを踏まえ、2017年の人気、売れ筋の商品を紹介します。2016〜2017年にガルバリウム鋼板の、正確にはガルバリウム鋼板ではもはやありませんが、次世代の当たらたな製品が出ています。 日鉄住金鋼板が、ガルバリウム鋼板の基材、SGL:スーパーガルバリウム鋼板を開発、旧ガルバリウム鋼板の耐用年数の25年を超えて、保証年数を25年にしました。耐用年数は、30年以上と思われます。(耐用年数についてメーカーは言っていませんが)
1位:
   スーパーガルテクト、横暖ルーフS
 2016年に日鉄住金鋼板は、新しいガルバリウム鋼板、SGLを開発しました。いち早くこの基材を使って、屋根材を発売したのが、アイジー工業、次にニチハです。
 日鉄住金鋼板の関連会社であるメタル建材、KMEWもSGLを使った屋根材を出してはいます。しかし、リフォーム市場で、関西ではガルテクト、、関東では横暖ルーフが圧倒的なシェアがあります。これから先、メタル建材や、KMEWが出てきたときには評価をしてみたいと思います。売れている、提携会社の工事契約数が多いかというと、この2つがSGLを採用していて、穴あき保証が25年、耐用年数がそれより長くて、多分30年以上あるからです。これが最大の理由です。あとは、屋根屋さん向けに材料費が安い、扱う問屋が多い、ガルバリウム鋼板の屋根材メーカーとしては有名などが理由としてあります。
2位:
   石粒付鋼板:エコグラーニ、ディプロマット
 これは正確にはガルバリウム鋼板ではありませんが、耐用年数が50年と長く、ガルバリウム鋼板の追随を許しません。この製品は実はガルバリウム鋼板の上に細かい石粒をコーティングしてありガルバリウム鋼板の欠点である雨音がしません。今は新ガルバリウム鋼板より1割〜2割り程度高い施工費(材料費+工事費)で契約できますので、契約数はお助け隊で30%を超えています。お薦めの製品です(本体¥7,000/平米)
   エコグラーニ、ディプロマット:の特徴:
・耐用年数:50年
・保証期間:30年
・雨音なし、表面の石粒の為
・ガルバリウム鋼板より10%程度高いだけ。
・非常にお得感あり
 ※エコグラーニ、ディプロマットともに、自然石粒付鋼板、ジンカリウム鋼板です

3位:
   簡易カバー工法(トタンの屋根葺き替えに)
 意外と瓦棒、トタン屋根葺き替えの注文が多いのは、価格が安く瓦棒形式の屋根をそのままリフォームできるのがうけています。写真を見てもらえば分かるように、トタン(亜鉛鉄板)なのか、ガルバリウム鋼板なのかは区別がつきません。これはガルバリウム鋼板でのトタンにただ被せただけの工事です。ガルバリウム鋼板の簡易カバー工法です。トタンを撤去しませんので、コスト的に有利で、¥4,500/u程度で仕上がりますので、非常に低コストです。 ただ下地がきちんとしていることが条件です。下地が雨漏りなどで柔らかくなっている場合は、下地から修理又は全葺き替えになります。トタン屋根葺き替えに多く契約を頂いています。

4位:
   ヒランビー(断熱材なしの低コスト材料)
 スレート屋根葺き替え、カバー工法に人気の材料です。スレート、コロニアル、カラーベストに断熱機能が少し はあるのでは?と思われているお客様が多いですが、スレート材に断熱性能はありません。断熱なしのガルバリウム鋼板とほぼ同じ断熱特性です。ですので、今までコロニアルで過ごされた家では、そのまま断熱なしのガルバリウム鋼板でも同じ暮らしができます。これをスレート材の上にガルバリウム鋼板をカバーするのですから、今までと同等かちょっと良いかな? くらいにはなります。このスレート屋根のカバー工法に、少しでも価格を抑えたい場合に最良です。

5位:
   瓦調ガルバリウム鋼板
 契約数としてはあまり多くありませんが、特に屋根を軽くしたいが和風の家なので、瓦にこだわりたいお客様にうけています。写真では瓦でないことはわかりますが、遠目では区別がつきにくいです。洋風のガルバリウム鋼板の瓦調材料は、いろいろありますが、瓦の形にプレスされた材料は、あまり出回っていないようです。この材料は、メタル建材の製品です。価格は¥10,000/u、ガルバリウム鋼板の横葺きタイプに対して本体施工費用、50%Up。

 ●ちょっと私のコメント:
 (特にマーケット調査をしているのではありませんが)、平板の横葺きガルバリウム鋼板屋根材は、リフォームのガルバリウム鋼板屋根葺き替えで一番販売実績があると思われますが、一般木造住宅では、最近は殆どこの2つです。なぜかと言うと、日鉄住金鋼板の最新ガルバリウム鋼板:SGLを使った屋根材だからです。これらは旧ガルバリウム鋼板屋根材と同じ施工価格で施工されています。(少なくともお助け隊の提携屋根屋は) 新製品ということで、高い価格で見積を出している屋根屋や、インターネット上でも耐用年数が長くなったと言って高い設定をしているところが散見されますが、大きく変わったのは、メッキの成分で他は殆ど同じです。
 遮熱の塗装は前からありましたし、フッ素樹脂塗装もありました。ですから日鉄住金鋼板のSGLの製造プロセスは殆ど変っていないと思いますし、アイジー工業、ニチハは問屋に販売する価格は同じと思いますし、現に埼玉の屋根屋は、材料費は、旧製品と同じと言っています。
でも不思議なことに、ニチハのカタログ価格は、旧ガルバリウム鋼板より安い価格設定になっています。アイジー工業はカタログには価格を載せていませんので、一般向けの価格は不明です。でニチハのカタログ価格って何の価格なのか?ニチハのお客様相談センターに聞いたところ、設計価格だと回答しました。設計価格って何か?と聞いたところ、材料費と施工費だということでした。
 これって変ですね!だって材料のメーカーが勝手に工事をする価格を設定しちゃう?材料のメーカーだったら、材料の価格だけを公表するべきで、全く別会社の全国の屋根屋の工事費が同じ訳はないです。
 私は設計価格とは、工務店や建築会社、設計事務所が、使う価格と思っています。この価格で屋根葺き替えの工事価格をお客様に出せば損はしない、充分な儲けのある設計価格、見積価格になりますという価格設定だと考えます。でも屋根屋によっては、堂々とこのカタログ価格の2倍、3倍で見積を出す業者もいます。
 ・ ・ ・ お客を舐めきっています。
 何故このようなことになっているのかは、察しがつきます。材料費を言ってしまうと、屋根屋が困るからです。屋根屋はガルバリウム鋼板の材料費に施工費を上乗せして、お客様に提示します。材料費が公表されたら、施工費が、明らかになってしまって不都合です。なんともグレーな業界ではあります。


 ●以前のお薦め製品 2016年
  横暖ルーフ/きわみ: ニチハ株式会社
      安定した人気、と言っても見積段階で、屋根屋さんはこれを想定していることが多い製品。
      つまり屋根屋さんに人気があるガルバリウム鋼板横葺きの製品です。 屋根屋に選ばれる理由
      は、製品が安定している。 全シリーズに断熱材+アルミシートで包んであるので、他のガルバ
      リウム屋根材より堅牢である。 工事にはこれは結構重要で、足で多少踏んづけても変形しま
      せん。 断熱材+バックアップ材の利点は、断熱機能より堅牢さ、頑丈さが理由と思います。
      また、これを採用している屋根屋によると、接合部分が楽に接合するので、施工時間にロスが
      少なく、トラブルがないそうです。 お客様が特に製品の指定がない場合は、これになる可能性
      が大です。 私の相場感では本体の施工価格 ¥6,000/u程度になります。
 ガルバリウム鋼板屋根材(横葺き)
 断熱材+アルミシートで包んである
 塗膜 10年保証、赤錆 10年保証 
 耐用年数: 20年以上(メーカーの記述
 はないが) 金属材そのものは、基材
 (鉄部分)に穴が開かなければ雨漏りは
 しないので、塗装をやり直すことで寿命
 は延びる。 スレート材とは違う。

  ヒランビー/横葺き; 稲垣商事株式会社
      価格にやさしい、性能; 塗膜保証 10年。 ガルバリウム鋼板横葺き屋根材
 価格重視のお客様から
または屋根屋も価格を抑え
たい場合は、この製品
断熱材はオプションになる。
 年軒かの屋根屋さんには
人気がある。 お客様からの
指定は少ない。 

  さいわいルーフ/さざなみ: 日本ルーフ建材株式会社
      この製品の選ばれる訳は、遮熱フッ素塗装で価格が安いことです。
      価格は普通のガルバリウム鋼板、通常塗装のもと同じで、遮熱フッ素塗装の材料が施工できる
      のが、うけている。 ここの製品の全てがフッ素塗装品。
 塗膜保証 20年保証
 横葺きタイプ、遮熱塗装。フッ素塗膜で保証20年
 やはりフッ素塗装が受けているが、他社とくらべて
 若干安い。 などが受けて契約を頂いているようで
 ある。 他社にもフッ素塗装は、良くあるラインアップ
 

 4位: ディプロマット: ディートレーディング式会社
     2015年初めから、増えているジンカリウム鋼板です。 保証期間 30年、耐用年数 50年と
     ガルバリウム鋼板と比較して長期間の耐用年数、表面の石粒により雨音がしないことも人気。
     ●ガルバリウム鋼板では雨音がするがこの商品は雨音がしない。
     ●やはり超長期の耐用年数、瓦に匹敵?(瓦の寿命は釉薬瓦で60年)
     ●施工費がガルバリウム鋼板に近くなっていることが買いやすくなっている理由か?
     ●屋根屋も知らない業者が多い、お客様が選ぶ場合が多い。 名指しで問い合わせがある

 5位: ガルバリウムの瓦棒; JFE鋼板株式会社
     トタンの葺き替えに圧倒てきに使用されている、ガルバリウム鋼板の平板屋根材です。
     写真は、JFE鋼板社製品、工事現場でガルバリウム鋼板の加工をします。 トタン屋根の葺き替え
     ですので、屋根の形式は、瓦棒。 その瓦棒をガルバリウム鋼板で施工します。
     今はトタンよりガルバリウム鋼板の方が価格が安くなっています。 本体施工 ¥4,500/u

ガルバリウム鋼板、メーカー・製品ページへ

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved