HOME
ガルバリウム
鋼板の特徴
ガルバリウム
本体価格
ガルバリウム
カバー工法概算
カバー工法とは
スレート屋根
葺き替え材料
工法、価格
トタン屋根
ガルバリウム鋼板で葺き替え
ガルバリウム
欠点と対策
ガルバリウム
鋼板メーカー
ガルバリウム
鋼板耐用年数
提携業者さん
が契約を頂く商品
ベスト5
ガルバリウム
工事・施工例

運営組織
会社概要
問い合わせ
相談・質問
サイトマップ

その他
お助け隊と他の
屋根さんとの違い
ルーフィングの
重要性・役割
ルーフィング規格
試験などの解説
具体的な
ルーフィング製品
屋根断熱
について
天井断熱
について
スレート材が
リフォームに
使えない訳
ブログ



ガルバリウム鋼鈑価格(材料費+施工費用)

 

 カバー工法でのガルバリウム鋼板価格(葺き替え価格)

 

 既存スレートの上にルーフィングから施工する場合の工事概算価格

 
   一番問い合わせの多い、スレート材の場合; カバー工法(重ね葺き)をする場合の葺き替え価格、一番お勧めの屋根材は、ガルバリウム鋼板です。 このページでは、その葺き替えの際の価格、相場を見てみたいと思います。 下地材を施工するか、どうかで価格が \2,000 X 平米数違ってきます。 70平米の屋根ですと約20万円程の違いですので、馬鹿にできませんが、築30年以上経って何も屋根の手入れをしていないと、下地材も傷んでいると思いますので、屋根屋さんに良く調べてもらってください。 築年数が20年〜30年で雨漏りが無ければ下地材は、再利用できる場合が多いので、下地材(コンパネ)は施工しない方法でのガルバリウム鋼板価格(材料費+施工費)でお知らせします。 (ガルバリウム鋼板価格、既存の屋根がスレートの場合)  
   
  ガルバリウム鋼板価格;カバー工法; 横暖ルーフでの概算例1  
   スレート材(コロニアル、カラーベスト)を ガルバリウム鋼板屋根で、カバー工法を用いた概算例になります。 屋根の面積は、良くある70平米(u)、屋根の形は、分かり易いように切り妻型、足場については、別に計算の方法を示したいと思います。(足場の項目参照:下) 下地材であるコンパネは、平米当たり\2,000が相場で、昔は野地板と言って幅15cm、長さが50cmぐらいの板を敷き詰めて下地材としていました。 築20年〜30年で雨漏りの経験がなければ、そのまま再利用できる場合が多いです。 もちろん例外もあります。 今は、コンパネと言って構造用合板の9mmを使うことが主流です。(太陽光パネルは、耐久性を考えて、12mmのコンパネが推奨されることもあります)   
   防水シート、別名ルーフィングは、アスファルト・ルーフィングであるフェルト紙にアスファルトを浸透させたもので、ゴムアスは、ゴムアスファルトルーフィングの略で、防水機能の成分である、アスファルトを改質ゴムアスファルトというより粘性の強いゴムの成分が入ったものを使ったものが、ゴムアスです。 どちらも耐用年数は、20年程度ですが、ゴムアスのほうがより粘性が高く、ビスで止めた時にビスとの接着性がいいので、雨漏りに対して、そのビスからの水の漏れに強いと言われています。 少し高いですが、おおよそ平米あたり、\600から\700(普及品)ぐらいです。役物とは、本体の部品の他、屋根の端に使う部品があります。 これらを総称して役物と言っています。 軒先には雨水の切れをよくする唐草、棟部分には、棟板金(棟包み)、けらば部分にも相当な部品が使われます。 この部品代と施工費用です。 これらがガルバリウム鋼板価格(葺き替え施工価格になります)   

 

 下地材の劣化が悪く、追加で施工する場合(スレートは撤去せず)

 
   雨漏りを半年とか、1年、それ以上放置した場合は、下地材であるコンパネが、劣化して、釘、ビスが効かない場合は、下地材(コンパネ)を施工しないと、その上の材料が施工できません。 コンパネの施工費用は、おおよそ、¥ 2,000/uですので、施工例(70uで)¥140,000程度の追加になります。下地材が再利用できるかどうかは、現地調査が必要です。   

 

 既存スレートを撤去する場合のガルバリウム鋼板価格・概算価格

 
   スレート屋根の葺き替えでは、カバー工法が使えますが、スレートのカビ、苔がひどく残すのが衛生上、気分上良くないので、撤去したいと思うお客様もおられます。 その際の追加工事は、スレートの撤去、(下地材は再利用)廃材処理の費用が発生します。 既存のスレート材(コロニアル、カラーベスト)撤去費用と、廃材処理を別に記載しますが、一緒に見積られる場合もあります。 廃材処理費用ですが、地方によって、屋根屋さんによって、バラバラな価格ですので、相場が難しいです
下記に、おおよその概算を記載します。 その他の条件は同じです。
 
   
  ガルバリウム鋼板価格;既存のスレートを撤去をする工法; 横暖ルーフでの概算例1  
   ガルバリウム鋼板価格; スレートを撤去したあとは、同様に、ルーフィング(防水材)、ガルバリウム鋼板(普及品での概算)の施工、その他の屋根部品の施工費用です(材料費+施工費)  

 

 ● 足場の相場・価格計算の方法

 

 四方を囲む足場

 
   足場の費用は ¥800〜\1,000/u程度が相場ですが、足場の広さとはどこの広さでしょうか? 総2階建て屋根部分の平面的な面積で 100uの家を考えます。 簡単のために1辺が10mの面積で100uです。 作業をするスペースを確保するために、この面の60cm外側に足場を組むので幅は、11.2m、2階までの高さは約6mですから、1面の面積は、10m+(0.6m+0.6m)X6mで、67.2u。 この足場が各4面にあるのですから、X4になります。 総面積は、67.2 X 4 = 268.8uです。 足場の相場は、¥800/uとすると、このお宅の足場の概算金額は、¥215,000になります。 これが標準的な足場の広さ・価格ですが、何かの事情で、4辺組めない場合や、部分的な足場の場合もありますので、一概にこの概算にはなりません。 また家の形が複雑になると、足場のかけ方も変わるので価格もかわります。  
     
  赤い斜線の部分が、1面での足場の面積を現しています  

ガルバリウム鋼板屋根・トップページへ

 質問・問い合わせフォームへ
屋根の葺き替えにガルバリウム鋼板屋根は、簡便でコスト的に有利なカバー工法の屋根として
お勧めできるガルバリウム鋼板の情報を提供しています。 欠点なども紹介し、その対策もお知らせしています
ガルバリウム鋼板を得意とす屋根工事業者も全国のお客様にご紹介しています。
Nobilis Works 「ガルバリウム鋼鈑屋根・専門サイト」/copy right all reserved